ふじかわ心療内科クリニック

廿日市市下平良の心療内科、神経科、精神科のふじかわ心療内科クリニック

〒738-0023
広島県廿日市市下平良1-3-36-201
TEL 0829-34-0035
▲Mobile Site
トップページ»  統合失調症に対するナイアシン治療

統合失調症に対するナイアシン治療

統合失調症を改善する食事とビタミン、ミネラル

1) 十分量の蛋白質(アミノ酸)を摂取する、
われわれが持っている遺伝子(DNA)は代謝酵素などの蛋白質の設計図
つまり、DNAが設計図通り働くよう、原料(蛋白質)は十分量摂取する
プロテインスコア換算にて毎日体重の1/1,000、つまり60kgの人なら60g/日
プロテインスコアから見ると植物性蛋白質より動物性蛋白質の方が効率が良い
卵3個で20g、豚肉100gで13g、チーズ100gで20g、豆腐100gで3gの蛋白質
若い女性では、蛋白質不足になると鉄不足となり貧血になりやすい
→毎日、卵+肉+魚を摂取する

2) 炭水化物(糖質)を減らす=糖質制限
過剰な糖質はインスリン分泌を促し、「慢性炎症」を起こして細胞を「糖化」させる
精製糖質(白米、小麦粉、砂糖)は直ちにインスリンを分泌させるため避ける
ゆっくり吸収されてインスリン分泌が少ない低GIの糖質はある程度摂取しても構わない----玄米、全粒粉の小麦粉、イモ類等の根菜類
果糖を液体で摂ることは避けるーーー野菜ジュース、果物ジュース
スポーツドリンクは飲まない

3) ビタミンB3(ニコチン酸、ナイアシン)3g+ビタミンC3g
いずれも水溶性ビタミンであるため1日3回に分けて服用
水溶性ビタミンは過剰投与による毒性はない
高用量B3は国内製品にはないため輸入品を用いる(amazonで購入可)
B3の副作用はホットフラッシュ(顔面紅潮)、副作用があれば減量
Cは市販薬で対応

4) ω3脂肪酸(EPA,DHA)~EPA+DHAで1,500mg~2,000mg
amazonで購入できるnow ultra-omega 3がお勧め
処方薬ならエパデール、ロトリガ

5) 活性型ビタミンB6(ピリドキサミン)
B6はLトリプトファン→ナイアシン代謝の補酵素として働く
50mg-100mg(~250mg)、1-2回
他のビタミンB1,B2,B12,葉酸を含むビタミンB-complexとして服用
amazonで購入できるLife Style B-50 complexがお勧め

6) ミネラル
上記1)ー5)で効果が乏しいようなら下記を追加する
亜鉛50mg、セレン60μg、(+マンガン30mg)
遅発性ジスキネジア等の抗精神病薬の副作用を軽減させる
ミネラルは過剰投与にて毒性があるため、注意が必要

*3-6ヶ月で精神症状の改善が期待でき、抗精神病薬の投与量を減らせる可能性がある

文献
1)ホッファー:統合失調症を治す.第三文明社、2005.
2)大沢博:食事で治す心の病、1.第三文明社、2004.
3)大沢博:食事で治す心の病、2.第三文明社、2005.
4)ホロビン:天才と分裂病の進化論.新潮社、2002.